トップページへ
店舗&スタッフご紹介
商品ご紹介
コラム
お問合わせはこちらから
トップページへ
 
オリジナルブライダルリング
イマイズミの手作りブライダル
リング デザイン集。
 
お店に届いたQ&A

イマイズミに届いたお客様からの
ご質問に当店G.G、デザイナーが
お答えいたします。

 
◆ゴールドアドバイザーから見た金との良い接し方
最近”金”への注目度が高く、問い合わせが増えています。…それは何故か?
やはり、今までにないスピードでの金価格急騰が連日メディアや新聞で取り上げられている事の影響が大きいでしょう。2011、夏にはNY金価格が1オンス/1650ドルを越え国内価格をかるく4000円オーバーしている状況。
 
金について必ず聞かれる内容の一つに「もっと上がるのかな?いつが一番の買い時(売り時)かな??」と言う事です。やはり誰もが安い相場のときに買いたいし、市場が買い相場になった時に売りたいですよね?そこで、まずは「なぜ今 金が上がっているのか?」考えてを頂きたいのです。その理由を以下に箇条書きしてみました。

 1、新興国を中心に世界各国の中央銀行で金準備増強の動きが拡大
 2、ドル、ユーロなどの通貨不安
 3、最近騒がれた国債不安
 4、インフレ懸念
 5、中国、インドを筆頭に新興国民間需要が急増(ジュエリーなどの宝飾品)
 6、経済有事の金
 7、金生産の伸び悩み(ここ10年、2400〜2700トン)

 代表的なことでも、これだけ複数の要因が絡んでいるのです。

金への投資を行うに当たって注意したいのは金を保有すると言う事は、資産の保金を目的とする事でしょう。短期的にもうけようと財産全てを金に変えてしまうのは止めましょう。ポートフォリオ(資金運用)で、金の比率は資産全体の5〜10%に留める事をお勧めします。やはり、資産の主役は「預金」をベースに「株・債権」にし、(インフレなどにより)その目減りを補う脇役的存在が金だと言う事をお忘れなく!
 
◆◆お問い合わせ◆◆
(有)今泉貴金属
TEL:028−622−3573
FAX:028−624−5010
(c) 2017 Imaizumi-Jewelry Inc. All rights reserved