トップページへ
店舗&スタッフご紹介
商品ご紹介
コラム
お問合わせはこちらから
トップページへ
 
オリジナルブライダルリング
イマイズミの手作りブライダル
リング デザイン集。
 
お店に届いたQ&A

イマイズミに届いたお客様からの
ご質問に当店G.G、デザイナーが
お答えいたします。

 
| 前の質問へ | 次の質問へ 
Q28 「ひすい」といわれて購入したものですが、よそで
「ヒスイじゃない」と言われました。それってどういう事ですか?
++++++++++
A28 世の中、色々なヒスイがありますが、それは「本ヒスイ」
ではないという意味ではないでしょうか。
 混乱の原因は…
確かに世の中、「ヒスイ」と名の付く石が色々とあり、本筋がどれなのか分かりにくくなっていると思います。まず、大きく分けて2種類のヒスイがあります。「ジェード(硬玉)」と「ネフライト(軟玉)」です。これを昔、日本では両方とも「ひすい」と呼んでいたのが、そもそも混乱する原因だったのです。
右の写真は高品質のジェード(本ひすい)です。深味のある色合いが見事です。

 購入は、信頼できるお店で!

前述した2種類のうち「ジェード」が本筋の「本ひすい」と呼ばれるもので、「ネフライト」も天然宝石ですが、ぐっと価値は下がってしまいます。
きちんとした宝石店であれば、ちゃんとその点を説明してくれるはずです。気をつけたいのが「ずっと以前に購入した」ものや、「海外でのお土産として購入した」もの。ジェードと思って買ったのに、実はネフライトだった…何て事もあるからです。また、誤称と呼ばれるもので
  ×インドヒスイ→○アベンチェリンクォーツ 
  ×オーストラリアヒスイ→○クリソプレーズ  等いった物もあり、それぞれ本ひすいと比べると、その価値はかなり下がってしまいます。
特に海外のお土産で「ひすいの置物」と言われているものは、ほとんどがネフライトだと思ってください。やはり、信用できる所でご購入する事が、一番ですね。

 
◆◆お問い合わせ◆◆
(有)今泉貴金属
TEL:028−622−3573
FAX:028−624−5010

お問合わせはこちらから
(c) 2017 Imaizumi-Jewelry Inc. All rights reserved